知多ハートクリニックでは、糖尿病の専門知識を有する『糖尿病療養指導士』が在籍しております。糖尿病療養指導士とは、糖尿病に関する知識や経験を有し、試験に合格した看護師、臨床検査技師、管理栄養士、薬剤師、理学療法士に与えられます。

知多ハートクリニックは、循環器クリニックではありますが、糖尿病の治療にも非常に力を入れております。糖尿病と循環器疾患は密接な関係で合併が多く、糖尿病患者さんが循環器疾患になるリスクが非常に高いです。そのため、知多ハートクリニックでは糖尿病治療を大切にしており、糖尿病療養指導士による指導も行っております。

糖尿病治療では、合併症を予防するためにも、早期の発見や治療が非常に大切です。健康診断で血糖やHbA1cの値が高く、再検査になった方は、知多ハートクリニックでご相談ください。糖尿病は、自覚症状がないうちからしっかりと治療を行うことが大切です。

糖尿病治療では、SGLT-2阻害薬、GLP-1 受容体作動薬など新しいお薬が次々に登場しており、以前に比べて糖尿病の治療の選択肢が増えています。

2型糖尿病とは

2型糖尿病とは、血液中のブドウ糖(血糖)が正常より増えてしまう病気です。糖尿病初期のころは自覚症状がほとんどありませんが、血糖値が高い状態を放置すると、徐々に全身の血管や神経が障害され、様々な合併症を引き起こします。

糖尿病の原因には、遺伝、高カロリーや高脂肪の食事、運動不足により引き起こされる「インスリンの作用不足」が考えられます。

糖尿病は、採血検査の血糖値(空腹時、随時)とHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)を継続的に検査することが必要です。病気の進行を防ぎ、合併症を予防するために、血糖値、HbA1cの目標値を決めて、食事の管理を行うことが大切です。

知多ハートクリニックでは、定期的に血糖値やHbA1cの検査を行い、糖尿病の状態を観察し、医師が適切な薬剤を選択致します。

糖尿病の主な合併症

糖尿病は、神経や目や腎臓などさまざまな障害を起こすことが知られています。また、心筋梗塞、狭心症、心不全、脳卒中など、動脈硬化を引き起こすことも分かってきました。糖尿病は自覚症状がほとんどないため、健康診断の再検査などで発見されることが多く、気づいた時には、症状や合併症が進行していることも多いです。

  • 糖尿病神経障害:最も頻度が高く、手の指や足に痛みやしびれなど感覚障害が現れる病気です。悪化すると、足潰瘍、足壊疽となる場合があるので、早めにご相談ください。              
  • 糖尿病網膜症:高血糖になり、目の網膜にある非常に細い血管がむしばまれていく病気です。悪化すると、失明に至ります。

糖尿病腎症:腎臓にある非常に細い血管がむしばまれ、進行すると腎臓の機能が失われてしまいます。最終的には、人工透析が必要になります。

動脈硬化(脳卒中、心筋梗塞、狭心症、心不全など):糖尿病は動脈硬化の原因になります。動脈硬化には、糖尿病、高血圧、脂質異常症、肥満などが深く関係しています。糖尿病だけでなく、血圧、コレステロール、肥満をしっかりと管理することが大切です。

最近では、糖尿病の患者さんは歯周病を合併していることが多いことが分かってきました。また、糖尿病が重症な場合は、入院での治療が必要になる場合があります。

知多ハートクリニックでは、糖尿病療法指導士が在籍しており、糖尿病の早期発見、早期治療に力をいれており、健康でより長い人生を送れるように診療を行っています。

糖尿病の治療

知多ハートクリニックの糖尿病治療の目的は、糖尿病がもたらす様々な合併症を予防し、悪化を防止することです。糖尿病が進行すると、日常生活に非常に大きな影響をもたらすため、そうならないようにするため、糖尿病の早期発見、治療に力を入れています。

糖尿病治療は、食事療法・運動療法・薬物療法の3つが大切です。

食事や運動療法で血糖の管理が不十分な場合、薬物治療を行います。薬物療法には、SGLT-2阻害薬・DPP-4阻害薬などの飲み薬、GLP-1受容体作動薬(飲み薬・注射薬)、インスリン注射薬があります。

SGLT-2阻害薬は、尿に糖を出すことで血糖を下がる飲み薬で、体重減少も期待できる薬剤です。心不全などのイベント抑制にもつながることが分かってきました。女性が服用する場合は、膀胱炎、尿道・膣の感染症などが起こることがあるので、注意が必要です。

GLP-1受容体作動薬は、新しいお薬で、毎日の内服薬・週1回の注射薬・毎日の注射薬があります。中でも、毎日内服する薬剤や週1回の注射薬が使用しやすいです。

診察の際、医師が患者さんの病態に応じて薬剤の選択を行います。糖尿病で不安やお困りがある方、新しいお薬について相談したい方は、医師にご相談ください。